クブロフ型

今日は午後から冷たい雨です
寒くなってきて、空気が乾燥しているので、たまに雨が振るのは嬉しいです。
でも、一雨ごとに寒くなるんでしょうね。

パン教室で使うクグロフ型(浅型)で、マーブルケーキを焼きました。
ファミリーコース・パート2のお菓子の一つ。

マーブルケーキ

バターや、砂糖・粉などを順番に混ぜていくだけの簡単なバターケーキですが、
クグロフ型で焼くと、こんなにオシャレ
クリスマスプレゼントにもいいでしょ?
プレーンとココア生地をマーブル状にして焼きます。

マーブルケーキ2

寒くなると、甘いお菓子が本当においしい・・・
スポンサーサイト

ハーダンガー刺繍

大好きな刺繍教室に行ってきました。
今、ハーダンガー刺繍のバックを製作中ですが、布が黒なので布目がわかりにくく
悪戦苦闘しています
でも、絶対今年中に作りますよ!!
同時進行で、キャンドルカバーとビスコーニュの針刺しを作りました

最近、ピンクが好きです
先生のデザインは、本当にステキ。うっとりです

ハーダンガーのキャンドルカバーとビスコーニュ
ビスコーニュは、裏表のデザインが違っていて、上品で可愛らしい
ハーダンガーのキャンドルカバーとビスコーニュ2

そして、またまた同時進行でクリスマスデザインのミニマットも作る予定
完成したら、またご紹介しま~す。

年末に向けて2

ぴっころ

クルクルクルクル~~今日も目が回っています

昨日焼いた、ピッコロ。フルートの小さいサイズの楽器をピッコロって言いますが、可愛らしいと言うイメージ。
少し甘めの生地の表面に、卵白・砂糖・アーモンドプードルを混ぜたトッピングを絞ります。

そして、先日パン教室の生徒さん達と作ったシュトーレン
試食用の生地を、ツリーに成型して焼きました。
お子さんがいるご家庭や、パーティー用にいいと、大好評でしたよ。

シュトーレンツリー

私の子供の頃の年の瀬の行事といえば、お餅つき
むかーしむかーしですが、昨日のことのように思い出されます。
家族や、親戚のおじさん、おばさん、父の仕事の関係者・・・
男性は順番に、杵でペッタンペッタン 女性は、つきたてのお餅を、鏡餅やこ餅、そして
かき餅に作っていきます。
釜の上にセイロを積み上げて、薪でもち米を蒸してました。母と祖母は前日から何升のもち米を洗っていたのでしょう・・・大阪の中心地に近い下町ですよ。
実家のお餅は、もちろん丸餅。のしもちは、主人の実家で始めて見ました
ちなみに、三角のおむすびも、お葬式の時だけと思っていたら、義母のおむすびが三角でビックリでしたよ。
(朝ドラで、でできました)
江戸と、上方。いろいろ習慣や風習が違って、おもしろいです。

実家のかき餅は、黒豆・干しエビ・青海苔・ごまなどを混ぜて、うるちに仕上げたり。
甘党の父は、黒砂糖のお餅も作っていました。
分厚く切ればお餅。薄く切って藁でいわいて、天井に吊るして乾燥させ、おかきにしていました。

で、先日パン捏ね器でかき餅を作ってみました
もち米を前日洗って水に漬けておき、翌日セイロで蒸して、コネ器に入れて・・・
青海苔とゴマ、お塩少々混ぜて、クルクル~
5分くらいで、完全にお餅にしないで、うるちにしましたよ。

おもち
オーブントースターで焼くと・・・
おもち2
おいしいぃ~~
このままでも、おしょう油ちょっとつけても
砂糖醤油も大好き

年の瀬、実家のお餅つきを思い出し、ご近所中からペッタン、ペッタンと音がした遠いあの日を懐かしく思い出しながら・・・
今年もあと40日ほどです。
インフルエンザもそろそろかかっている方も出始めました
皆さん、人ごみはできるだけ避けて、手洗いをしっかりしましょう。

年末に向けて

こコキーユ

クルクルクルクル~
目が回るほど、忙しくなってきました
デパート、スーパー、近所のドラックストアでは、クリスマスムードのディスプレイや、ジングルベル

こコキーユ2

あれも、これもやらないといけない事がたくさんあるのに、毎年この時期になると、計画性のない自分が情けなくなります

こコキーユ3

わかっていながら、時間があるとパンを焼いてしまう私です。
こコキーユ4

最近焼いたデニッシュ、コキーユです オレンジピールとチョコがベストマッチ

そして、クリスマスといえばシュトーレン
パン教室では、中級クラスのメニューにありますが、クリストシュトーレンが新しくなりました
これまでの物より、ぐーんと本格的!
私は毎年、友人から本場ドイツから持ち帰る、本家本元のシュトーレンのおすそ分けを頂きます。
ついに、教室もわかってくれましたかぁと言う感じで、なかなかの美味しさですよ。
生徒さん達にもぜひ!教えてあげたいと思っています。

シュトーレンnew

真っ白な雪をかぶったような・・・クリスマスの夜まで、一切れずつ・・・
シュトーレンnew2

紅葉

急に寒くなって秋がどこかに行ってしまいました
我が家の紅葉「紅くじゃく」、赤く色づいてキレイなので、表の駐車場から中庭に移動させました。
部屋の中から、紅葉を眺めて・・・
中庭の紅葉
桜の開花前線は、南から北へ、紅葉前線は逆。でも、今年は東北に紅葉を見に行った旅行者が見たのは、雪景色だったみたいですね

そして、秋バラがキレイな季節
今年はほとんど世話をしなかった花壇のバラ。がんばって咲いてくれたのを、今週テーブルに飾っています。
今週のお花

友人からロンドンのお土産を貰いました
ノッティングヒルのポートベローマーケットで買ってきてくれた、イニシャルのスタンプ
イニシャルの部分は、おじいさんが一つ一つ手彫りした銅製。
ロンドンのお土産
ステキでしょ
とってもオシャレで、大人っぽい彼女らしいお土産です。さすがァ~
私の好きなハローズの紅茶も。
nさん、いつもありがとう
スコーン焼いて、美味しいミルクティを入れて、紅葉を眺めます。

イタリアンが楽しめる温泉宿

立冬です。
北国では、そろそろ木枯らしが吹く季節公園の落葉樹も色づいてきました
一雨ごとに寒さが増してゆきます。
来週は寒くなるそうです。お布団など、そろそろ冬支度ですね。
風邪ひいている人も、多くなりました。皆さん、気をつけてくださいね

先週末、湯河原へ行ってきました。
文学好きの夫、数多くの文豪が愛した湯河原に行ってみたかったと言うことで、
ネットで評判のいい旅館を捜して。

湯河原1
湯河原駅から旅館に行く途中。駅前や町並みは、はっきり言って、あまり風情がなく残念

湯河原2
お宿に到着

湯河原3  湯河原4
旅館は、築80年位らしいです。落ち着いた和室で、古い床のきしむ音や、サッシではない窓枠など、懐かしい香りがしました。
と言っても、廊下や、ロビー、レストランなどリフォームされたモダンな雰囲気になっています。

お目当てのお食事を頂くレストラン ピノクラーテ
湯河原5  湯河原6

まずは、ワイン。
今回、夫の体調が悪かったのですが、「一口だけ」と。後は私が飲んであげるからまかせてね。
湯河原7

ボリュームたっぷりの、お料理の数々ごめんなさい。よだれでちゃうかも。
湯河原8湯河原9湯河原10

湯河原11湯河原12湯河原13

湯河原14湯河原15

ぜーんぶ美味しく頂ました
洋風好みの夫も、大満足でした。具合悪いのに、完食しました。すごいです
夫も私も、露天風呂もいいけど、あまりゆっくりお湯に浸かっていられない性分で・・・
お風呂より、食事重視の2人。朝食も、すごく豪華でした。
今回のお宿、大満足でした










sidetitleプロフィールsidetitle

りぼんのぱん

Author:りぼんのぱん
パン&お菓子教室 「Enchante」を自宅キッチンにてしています。浜松市中区在住
月に1回。子育て中のママ、OL、中高年の方々・・・日々の生活からはなれて、皆さんと楽しい時間を過ごします。
安心で安全、品質の良い材料を使い、簡単で美味しいパン、お菓子の数々・・・

お問い合わせは… 
bonappetit_pan@yahoo.co.jp まで

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
パン教室ナビ
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR