パン教室で作る夏の和菓子

先月のお話ですが・・・
6月30日は京都では「水無月」という和菓子を食べます。
1年のちょうど折り返しにあたるこの日、この半年の罪やけがれを祓い、残り半年の無病息災を祈願する神事
「夏越祓」なごしのはらえ が行われます。
この神事に使われるのが、「水無月」6月の和菓子の代表です
三角形の形は、夏気を払う氷を表し、小豆は悪魔払いの意味があるそうです

教室では、水無月粉を使ったこんなお菓子作ります。

夏の和菓子水無月2

水無月粉に、砂糖と水を加え、大納言かのこ(小豆)、大納言うぐいす(うぐいす豆)、白花豆、金時豆の
4種類を混ぜて、蒸し器で蒸して出来上がり
モチモチして、ういろうのような食感。

夏の和菓子水無月
美味しいお煎茶を入れて、セミの声を聞きながら・・・
半年間の邪気を払ってもらい、夏の時間が過ぎてゆきます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

りぼんのぱん

Author:りぼんのぱん
パン&お菓子教室 「Enchante」を自宅キッチンにてしています。浜松市中区在住
月に1回。子育て中のママ、OL、中高年の方々・・・日々の生活からはなれて、皆さんと楽しい時間を過ごします。
安心で安全、品質の良い材料を使い、簡単で美味しいパン、お菓子の数々・・・

お問い合わせは… 
bonappetit_pan@yahoo.co.jp まで

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
パン教室ナビ
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR