年末に向けて2

ぴっころ

クルクルクルクル~~今日も目が回っています

昨日焼いた、ピッコロ。フルートの小さいサイズの楽器をピッコロって言いますが、可愛らしいと言うイメージ。
少し甘めの生地の表面に、卵白・砂糖・アーモンドプードルを混ぜたトッピングを絞ります。

そして、先日パン教室の生徒さん達と作ったシュトーレン
試食用の生地を、ツリーに成型して焼きました。
お子さんがいるご家庭や、パーティー用にいいと、大好評でしたよ。

シュトーレンツリー

私の子供の頃の年の瀬の行事といえば、お餅つき
むかーしむかーしですが、昨日のことのように思い出されます。
家族や、親戚のおじさん、おばさん、父の仕事の関係者・・・
男性は順番に、杵でペッタンペッタン 女性は、つきたてのお餅を、鏡餅やこ餅、そして
かき餅に作っていきます。
釜の上にセイロを積み上げて、薪でもち米を蒸してました。母と祖母は前日から何升のもち米を洗っていたのでしょう・・・大阪の中心地に近い下町ですよ。
実家のお餅は、もちろん丸餅。のしもちは、主人の実家で始めて見ました
ちなみに、三角のおむすびも、お葬式の時だけと思っていたら、義母のおむすびが三角でビックリでしたよ。
(朝ドラで、でできました)
江戸と、上方。いろいろ習慣や風習が違って、おもしろいです。

実家のかき餅は、黒豆・干しエビ・青海苔・ごまなどを混ぜて、うるちに仕上げたり。
甘党の父は、黒砂糖のお餅も作っていました。
分厚く切ればお餅。薄く切って藁でいわいて、天井に吊るして乾燥させ、おかきにしていました。

で、先日パン捏ね器でかき餅を作ってみました
もち米を前日洗って水に漬けておき、翌日セイロで蒸して、コネ器に入れて・・・
青海苔とゴマ、お塩少々混ぜて、クルクル~
5分くらいで、完全にお餅にしないで、うるちにしましたよ。

おもち
オーブントースターで焼くと・・・
おもち2
おいしいぃ~~
このままでも、おしょう油ちょっとつけても
砂糖醤油も大好き

年の瀬、実家のお餅つきを思い出し、ご近所中からペッタン、ペッタンと音がした遠いあの日を懐かしく思い出しながら・・・
今年もあと40日ほどです。
インフルエンザもそろそろかかっている方も出始めました
皆さん、人ごみはできるだけ避けて、手洗いをしっかりしましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

りぼんのぱん

Author:りぼんのぱん
パン&お菓子教室 「Enchante」を自宅キッチンにてしています。浜松市中区在住
月に1回。子育て中のママ、OL、中高年の方々・・・日々の生活からはなれて、皆さんと楽しい時間を過ごします。
安心で安全、品質の良い材料を使い、簡単で美味しいパン、お菓子の数々・・・

お問い合わせは… 
bonappetit_pan@yahoo.co.jp まで

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
パン教室ナビ
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR